trattoria kappa  イタリアン    神戸市垂水区(過去ログ編集)

     自家製手打ちパスタがとても美味しいプチ・トラットリア。


d0083265_13563427.jpg

 交通量の多い国道2号線垂水駅付近(商大筋)、国道沿いのプチ・トラットリア・カッパは海神社の直ぐ近くにあり、ポジションとしてはハンデがあります。騒音、排気ガス、それに専用駐車場の無いのも条件としては厳しいでしょう。


d0083265_13565766.jpg

 ところが結構流行っているのは、狭いながらもゆとりを持たせたテーブル配置とオーナーシェフと女性スタッフのお人柄でしょうか。
 それも重要なポイントですが、このお店のグレードを上げているのは自家製手打ちパスタをメインにしたシェフのイタリアンへのこだわりが、お客様の心を掴んでいるからかも知れません。

 ランチは1種類のみで、パスタにズッパ、パン付きで¥1,000は微妙なCPですが、2種類のパスタが秀逸な出来栄えなので納得はできます。ドルチェとカフェは夫々+¥300、これも多少微妙。


d0083265_1357327.jpg

 最初に出された「秋野菜のミネストラ」は薩摩芋などを使ったズッパですが、本来はマッケローニやパスタを入れて煮込むものですが、パスタが入っていなかったのは少し残念。でもさつま芋の甘味を引き出した素敵な味わいに満足しました。


d0083265_13575680.jpg

 本日の自家製手打ちパスタは、タリアテッレともピッツォッケリとも思える平麺でした。
「ミンチ肉、あさり、小柱、野菜の白ワインとアンチョビの香り」はイタリアンではマリナータに近いお味ですが、手打ちパスタが生かされた好い味を出していました。


d0083265_13581665.jpg

 そのお店の料理のレベルが分かるポモドーロ(トマトソース)のパスタは、「秋刀魚と茄子のトマトソース、オレガノの香り」これはシェフがかなり気合を入れた一品でしょうが、オレガノの扱いが超微妙で初体験の人には多少の抵抗感があるかも知れません。これは秋刀魚と言う独特の素材を使ったためで、お味の構成は間違っていないと思います。


d0083265_13583651.jpg

 食後一言二言シェフと話しましたが、流石にトラットリア・カッパの意味は聞くのを止めました、笑ってしまっては失礼ですからね。しかし手打ちパスタにこだわる若きシェフの情熱はしっかり受け止められました。

 小さいけれど真面目で真摯なトラットリア!オススメできるお店です。



店名           trattoria kappa (トラットリアカッパ)
ジャンル         イタリアン
TEL           078-707-3828
住所           兵庫県神戸市垂水区平磯4-2-10 松栄ビル1F
交通手段        JR垂水駅 東口から徒歩3分
営業時間        11:30~14:00 18:00~21:00(L.O)
              ランチ営業
定休日          水曜
席数           10席 (カウンター6席・テーブル4席)
駐車場          無(近隣にコインパーキング 2カ所あり)
禁煙・喫煙        完全禁煙
サービス         お祝い・サプライズ可、子供可
オープン日       2010年4月28日


行列ができる名店、イタリア発「VESTRI」のチョコレート

by mahalotakashi | 2012-02-29 21:21 | mahalo@食卓