イボイノシシのご馳走様情報、スパニッシュ

【本日のレストランガイドはお休みです】


d0083265_1953259.jpg

            イボイノシシがイタリアン、フレンチに次いで好きなのはスパニッシュ(スペイン料理)
           です。
           スペインは地方によって気候や風土、文化、習慣が異なるため、材料やその調理方法
           は様々で、事実上スペイン料理としてひとくくりにはできない料理と言われます。

            共通点としては、オリーブオイルやニンニクを好んで使用していることなどが挙げられ
           ますね。北部のガリシア、バスクなどでは新鮮な魚介類を使用した煮込み料理が特徴
           です。カスティーリャでは焼き物料理、アンダルシアでは揚げ物料理が特色として挙げ
           られ、フランスに近いカタルーニャなどではフランス料理に近い料理が作られます。
            また、地中海沿いのバレンシアではパエリアが有名です。


d0083265_206953.jpg

            有名な料理としては、トルティージャ (tortilla) (スペインのオムレツのような卵料理)
           パエリア (paella) 、レンズ豆の煮込み (lentejas)
           コシード (cocido) (煮込み料理:冬のマドリッドを代表する家庭料理)
           ボカディージョ (bocadillo)(スペイン風サンドイッチ ) などが挙げられます。


d0083265_20161780.jpg

            ハモン・イベリコも有名ですね。
           「ハモン」とはスペイン語で「ハム」、「イベリコ」とはスペイン語で、「イベリア半島の」とい
           う意味で、豚のイベリア種の生ハムのことです。スペイン産の豚肉で、牛肉のような濃い
           赤色ときめ細かな脂肪(サシ)が特徴です。


d0083265_20223185.jpg

            少し変わった料理として、エンパナーダ( empanada)があります。具入りのパンまた
           はペイストリーで、スペイン風餃子と言う感じです。


d0083265_20301874.jpg

            最近日本でもポピュラーになってきた、タパスまたはタパ(Tapa)もスペイン料理には
           欠かせないものです。
           スペイン料理の様々なアペタイザーで、冷製料理(オリーブとチーズ混ぜ合わせ等)また
           は温製料理(小イカフライ等)があります。

            タパスは小皿料理なので、会話をしながら食事をするのに向いています。
           スペインではバルによって無料で出すところもあるそうで、お店によって、さまざまな種類
           のものがあるそうです。

            タパスに多いシーフードとしては、イカの墨煮 (calamares en su tinta)
           タコのマリネ (pulpo a la vinagreta)  タコのガリシア風 (pulpo a la gallega)
           エビのにんにく炒め (gambas al ajillo)  いわしのフライ (Boquerones fritos)
           いわしの酢漬け (Boquerones en vinagre) などが人気だそうです。


 このように、料理の種類が多く奥の深い魅力的なスパニッシュですが、残念ながらまだまだお店が少ないのが現状。
 イボイノシシの暮らす西宮市を中心に大阪や神戸を含めても、イタリアンやフレンチのお店の10%にも満たないのではないでしょうか。
 パスタやピッツァなどに比べて手間や時間のかかるスペイン料理で営業するのは厳しいのかも知れませんね。それでも、その貴重なスペイン料理のお店を探してタパスやパエリアを楽しみたいたいと思っています。
 明日は芦屋のスパニッシュをUPしますので、お楽しみに・・・


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

by mahalotakashi | 2012-02-11 21:21 | mahalo@食卓