アブラッチォ&バッチォ (ABBRACCIO & BACIO) イタリアン

素材が魅力のイタリアン

d0083265_13102851.jpg
日曜日は七面鳥夫人のお供で神戸市灘区の護国神社近くのお宅を訪問。

ランチは阪急六甲駅から南へ下った山手幹線添いにあるリストランテに立寄りました。

マンションの中2階にあるお店ですが、店名の、ABBRACCIO & BACIO「アブラッチォ&バッチォ 」とは、イタリア語で、「抱擁と接吻(キッス)」と言う意味。かなり刺激的な内容にドッキリさせられます。

d0083265_13135735.jpg
店内はいたってノーマル、東と南の窓が大きく取られた温かみを感じるダイニングです。

シェフと2名の女性スタッフが笑顔と落ち着いた雰囲気で迎えてくれました。

d0083265_13205876.jpg
ランチは、A・B・Cの3種類と、シェフおまかせコースと言った内容です。
パンとパスタは自家製だそうで、お店のウリにもなっています。

エリア的に見てお値段若干お高目かなと思いましたが、料理を頂いたら逆にCPの高さに驚かされるほどです。

d0083265_13252217.jpg
ランチBをオーダーして、魚料理と肉料理を別々に味わうことにします。

パンはブロッコリーを練り込んだものや、トマトとオリーブの実などを使った独創的なもので美味しくいただけました。


d0083265_13255744.jpg
アンティパスト(前菜)は普通なら野菜サラダに生ハムやカルパッチョ辺りが通例ですが、こちらのお皿は華やかで繊細な盛り付けでした。

魚介類に珍しい根菜や大麦、それにパッションフルーツかドラゴンフルーツと思しき酸味の強い果物が使われていて、お味のバランスも絶妙。


d0083265_134436.jpg
自家製パスタは13種類ほど用意されていますが、どれも興味のあるメニューでチョイスに迷います。

写真は黒毛和牛トリッパのトマトペンネ。

ローマの臓物料理をアレンジしたものと思われますが、オーダーした七面鳥夫人には大変好評でした。


d0083265_13454468.jpg
イボイノシシは、はまぐりのクリームパスタ(タリアテッレ)にしてみましたが、大ぶりの蛤に青葱をあしらったクリームソースのタリアテッレは上品な甘みが口の中に広がり満足できる味わいです。ひょっとしたらこれがバッチオ的お味でしょうか(笑)


d0083265_13505275.jpg
お肉料理は、もち豚肩ロースのアロッスト。

お肉好きの七面鳥夫人がオーダー、軟らかくて深みが有り、とても美味しいとの感想です。


d0083265_141174.jpg
イボイノシシのお魚料理は、魚介のスープ仕立ての、ズッパ・ディ・ペッシェでしたが、素材はなんと今が旬の、とらふぐとムール貝の組み合わせ。

シェフのこだわりの凄さとアイデアに思わずニヤリとしてしまいました。

ふぐの身はもちろん、野菜やスープも美味しくて残さず完食です。


d0083265_1444755.jpgd0083265_14533.jpg









最後にドルチェとカフェ、一応フルコース仕立てですが量的にも程良く気に入りました。


こちらのお店の素材へのこだわりはかなりなもので、世界一の生ハムと言われるイタリアのパルマ県の、クラテッロ・ディ・ジベッロ(一皿、¥2,100)や、雷鳥や山ウズラのジビエまでがメニューにあると言う気合いの入れようで感心しました。

毎回カジュアルなイタリアンを食べているイボイノシシには、刺激的で魅力的なお店の一つになりました。その店名のように・・・・

おススメできるリストランテです。





店名          アブラッチォ&バッチォ (ABBRACCIO & BACIO)
ジャンル        イタリアン
TEL           078-842-0209
住所          兵庫県神戸市灘区日尾町2-2-8
交通手段       六甲道駅から281m
営業時間       11:30~14:30 18:00~23:00
定休日         無休(休み前には提示します)
席数          (テーブル15席、カウンター4席)
駐車場         有(お店東横に1台スペースのみ)
ドリンク         ワインあり

ホームページ
     http://abbraccio-bacio.com






by mahalotakashi | 2011-11-14 21:21 | mahalo@食卓