洋食の赤ちゃん   とんかつ   神戸市東灘区

赤ちゃんのトンカツ定食
d0083265_10535769.jpg
赤ちゃんと言っても赤ん坊(二代目うり坊)の事ではありません。
神戸市内に7~8軒点在するトンカツで有名なお店です。
今回自宅(西宮市)から最も近い場所にある神戸市東灘区青木の赤ちゃんに伺いました。

d0083265_11014100.jpg古色蒼然としたいかにも町の洋食屋さんと言った趣きのお店です。
店内はゆったりしていますが、喫煙可と揚物油の影響で全体的にセピア色。
カウンター席付きのオープンキッチンの中で、シェフコートにチーフ帽と、まるでフレンチレストランのシェフのようなスタイルの寡黙なオーナーと、愛想の良い女性スタッフが出迎えてくれます。


恰幅の良いオーナーシェフに「とんかつの赤ちゃんって、チェーン店ですか・・?」とお聞きすると、『いや!店名は同じですが、全く違う店です!』と答えてくれました。

女性スタッフも『よくお客様に聞かれますが、チェーン店ではなく夫々別個のお店なんですよ』と優しくフォローしてくれます。


d0083265_1192215.jpgd0083265_1194181.jpg









チキン・ポークにビーフや海老など揚物をメインにした洋食店と表現すれば良いでしょうか。

もちろんハンバーグやカレー、オムライスなどもありビーフカツ定食やエビフライ定食などメニューは豊富、定食に付くスープは味噌汁で、町の洋食屋さんらしくパンは無く白いご飯がお皿で出されます。


d0083265_1114312.jpg
まず七面鳥夫人が、表の看板にも書かれた「じまんのとんかつ」を信じて、トンカツ定食(¥1,450)をオーダー。
揚げたて熱々湯気の立ち上るトンカツは思った以上にビッグサイズ。

お店特製のデミグラスソースがたっぷりかけられています。

肉厚も十分、湯気がもうもうと立ち上るワラジタイプのカツレツを見るとお値段にも納得できました。

d0083265_11142126.jpg
少しシェアしてもらいましたが、衣もカリッと仕上がりお肉も軟らか、流石に看板メニューだけのことはあります。


d0083265_11145762.jpg
イボイノシシは、洋食屋さんにしては珍しいカツ丼(牛肉)(¥650)にしました。

メニューにわざわざ(牛肉)と記されたカツ丼も中々の美味。

d0083265_111631.jpg
玉葱と卵の半熟でとじた丼ぶりはとろりと優しい味付け、中身のビーフは少し薄切りでしたが逆に食べ易く、洋食屋の丼ぶりと言うより和食に近いお味を堪能しました。

一度食べてみる価値ありのお店です。




店名          赤ちゃん
ジャンル        洋食、とんかつ、ハンバーグ
TEL          078-411-3264
住所          兵庫県神戸市東灘区北青木2-9-27
交通手段       阪神青木駅北東徒歩5分
営業時間       11:00~14:30 17:00~20:30
定休日         木曜日
個室          無
席数          20席 (座席 カウンター8席 テーブル4人掛×1 2人掛×4)
禁煙・喫煙       全面喫煙可
サービス        子供可






by mahalotakashi | 2011-10-11 21:21 | mahalo@食卓