シーフードイタリアンダイニング Soma (ソーマ) 三宮 (2)

Tor Road Once More

d0083265_1043685.jpg
引き続きトアロードのシーフードイタリアンダイニング Soma (ソーマ)のご紹介です。

お店はグランシェフと女性のスーシェフがオープンキッチンで腕を奮い、店主さんと男性スタッフがホールサービス。
イタリアによくあるタイプのオステリアかトラットリアと言えばよいでしょうか。程良い間と、お料理の説明などもあまりくどく無くゆったりとした食事時間を与えてもらえました。


d0083265_10494026.jpg
さて、昨日UPしたパン、サラダ、アンティパストの後に出てきたのが、お店の定番メニューオリジナルクラムチャウダーです。
かなり大ぶりのアサリがたっぷり入っています。
お店の方に、トッピングで旬の牡蠣も加えることができますと勧められましたが、昨夜牡蠣を食べていたのでシンプルメニューをお願いしました。

d0083265_10583314.jpg
それにしてもこのクラムチャウダーはお野菜がたっぷりです。
カリフラワー、ブロッコリー、レンズ豆、じゃが芋、玉葱、キノコ、ニンジン・・・・
確認できたものだけでも7種類、もっと使われていたかも知れません。

アサリと野菜のエキスがマッチングして見た目以上のコクがあります、クリームスープも上品な味わいでした。
流石にシーフードイタリアンと名乗るだけの値打がある一品です。


d0083265_117486.jpg
本日のセコンドピアット(メイン料理)は、真鯛のポワレ、マスタードソース。
一見単純なポワレに見えますが、真鯛の下に驚くような秘密が隠されていました。


d0083265_11291373.jpg
軟らかく調理された真鯛の身の下に使われている季節の有機野菜がプロの技を認識させてくれます。

粒マスタードソースをベースに、菜の花、エリンギ、下仁田葱、京かぶら、その他珍しい芋(説明受けたのですが忘れました^^;)など、多種多彩な野菜やキノコが使われており、しかも程良いお味付けには驚かされました。

真鯛にマッチするよう控えめにして大胆と言いましょうか、印象深い一皿は思わず唸らされるほどの出来上がり、美味しくいただけました。
これはやはり長年修行を積まれたプロのシェフにしか出せないディッシュでしょうね。


d0083265_11343061.jpg
ドルチェも凝っていました、これも名前は忘れましたが、リゾットをミルキーに固めたようなものでまさにこのお店でしか味わえないオリジナリティに富んでいました。

d0083265_11411634.jpg
リーズナブルなプランゾ(ランチ)でさえこれだけ素敵な料理がいただけるのですから、夜はもっと素晴らしい体験が出来るかもわかりませんね。
もちろんパスタやアクアパッツァなど本格イタリアンが十分に楽しめると思います。


d0083265_11424177.jpg
トアロードのシーフードイタリアン・・・お味に関しては十人十色、不味い、美味しい!は、個人的な嗜好だからなんとも言えませんが、魚介好きのイボイノシシにはとても素敵なお味とサービスの良さを感じました。

オススメできるお店です。

by mahalotakashi | 2011-01-25 21:21 | mahalo@食卓