トラットリア ピアット (Trattoria PIATTO) イタリアン 三田市

再び三田でイタリアン


d0083265_20265248.jpg
薬のお陰で咳も収まり体調も回復してきましたので、ランチ探訪を続けることにしました。
専用駐車場(5台)があることと、本格派の生パスタがいただけるとの情報で再び三田市まで足を延ばしました。

d0083265_2028462.jpg
JR三田駅から徒歩数分の場所にあるトラットリア・ピアットは外観、内装ともブラウン(茶色)を基調にしたイタリアンにしては渋めのお店です。
(因みに、ピアットとはイタリア語でお皿の意味です)

d0083265_203431100.jpg
プランゾ(ランチメニュー)は4種類ありましたが、生パスタが味わえるパスタランチをオーダーしました。
フォカッチャは自家製、それに温められたバケットが付いています。
パンはオリーブオイルかチーズでいただきます。
パン・アンティパスト(前菜)・パスタ・ドリンク付きで、¥1,650は、場所柄微妙。
+¥200でドルチェ(¥650)も付けられます。同じセットメニューでピッツァもお願いしました。

d0083265_20372513.jpg
オーナーシェフお1人と女性スタッフだけのため注文後かなりの時間を要するので、その点をわきまえて訪店するのが良いと思われます。
時間がかかるのは、調理がかなり丁寧に作られているためで、じっくり味わいたい人には向いているお店とも言えます。

d0083265_204041100.jpg
最初に出されたアンティパスト(前菜)は、カポナータやキッシュ、サーモンのパテなどかなり手の込んだイタリア惣菜で、美味しくいただけました。

d0083265_20443175.jpg
最近のカジュアルイタリアンは形だけの簡単なサラダ類をアンティパストと称して提供していますが、こちらではしっかりした前菜が出されています。

d0083265_20465649.jpg
ピッツァはマルゲリータを注文しましたが、出されたのはクリスビーなローマタイプのピッツァでした。
d0083265_20472396.jpg
薄くてサクサクとした食感はオヤツ感覚でいただけるライトなものでした。

d0083265_20481888.jpg
さて、本命の自家製生パスタはカボチャを練りこんだロングパスタの和牛ラグーソース。
素朴な感じのする生パスタはかなりコシが強くラグーソースとしっかりコラボして、存在感十分の味わいでした。

d0083265_20535463.jpg
デュラムセモリナ粉を使う乾燥パスタと違い、生パスタの場合は普通の小麦粉を使いますから、日本のうどんやそばの様にコシがあるのは不思議なことではありません。
実際にイタリア・ロンバルディア州では、蕎麦粉を使用したピッツォッケリと呼ばれるパスタも存在します。

d0083265_20571356.jpg
オーナーシェフと少しお話しをしましたが、こちらのお店ではイタリア製のパスタマシーン(パスタメーカー)を使い本場のレシピ通りに仕上げているので、慣れない人には違和感があるかも知れませんねと説明を受けました。そのような人のために乾燥パスタも用意されています。

d0083265_2105420.jpg
ドルチェはもちろん自家製、マロンのタルト・ブリューレ・セミフレッド、ジェラートまで手作りと言うのは立派です。
カジュアルながらも本格的な味の追求姿勢には拍手を送りたくなりますね。

d0083265_2114229.jpg
エスプレッソが大変美味しかったです。
なおこちらのお店は食材にも強いこだわりがあり、地元三田の野菜や日本海(香住)や丹波の新鮮素材を扱っているそうで、安心できるイタリア料理店として推薦したいトラットリアです。



店名           トラットリア ピアット (Trattoria PIATTO)
ジャンル         創作料理、イタリアン、パスタ
TEL           079-562-1030
住所           兵庫県三田市中央町9-38 ユマニティビル 1F
交通手段        三田駅から290m
営業時間        11:30~15:00 17:30~22:00
              ランチ営業、日曜営業
定休日          月曜日
予約           予約可
席数           28席
貸切           可
駐車場          有(近くの共同駐車場に専用5台分有り)
ドリンク          ワインあり、ワインにこだわる



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2010-12-11 21:21 | mahalo@食卓