ラ・マンチャ  スペイン料理 尼崎市塚口町(過去ログ編集)

ひょっとしたら、スペイン料理が一番好きかも・・・

d0083265_14531430.jpg
新鮮な食材を使った、地方色豊かなスペイン料理。
フランス、イタリアと並んで世界三大ワイン生産国でもあるスペインは料理も美味い。
ひょっとしたら、イボイノシシにはスペイン料理が一番口に合うのかも知れません、今最も行ってみたい国と聞かれたら迷うことなくスペインと応えますね。

d0083265_14533276.jpg
いろいろな料理を少量ずつ楽しめるバル。一日中にぎわうバルでタパスをつまみながら、ワインを一杯・・・と、スペイン流の食事を楽しむのもよいでしょうね。
また、「エル・ブジ」のように、スペインの創作料理(コシナ・ヌエバ)を提供するレストランも訪れてみたいですね。

d0083265_1503588.jpg
スペインのレストランは規模や設備によって最高級の5本フォークから1本フォークまで、フォークの数でランク付けされています。
営業時間は昼食が14時から17時頃、夕食が21時から深夜まで、定休日は日曜日が多く、8月は夏休みのため1ヶ月閉店するレストランも少なく無いそうです。
マリスケリア(MARISQUERIA)と呼ばれる魚介類専門のレストランにも立寄りたいですね。

d0083265_15154021.jpg
ところで、残念ながらスペイン料理のお店が日本ではイタリアンほど数が多く無く、あってもかなり高級で値が張るのが現状です。
それでも探し回ってやっと見つけた阪急塚口駅北側のスペインレストラン、ラ・マンチャはとても素敵なお店でした。
名古屋で修行されたマスターがお一人で奮闘される人気のお店です。

d0083265_1517979.jpg
スペイン料理を基本としながら様々なアイデアを凝らした料理は、誰にでも満足できる懐の広いものだと思います。
スペイン料理の素材はオリーブオイル、ニンニク、トマトソースなどを使い、魚介料理が美味しいのも特徴で飽きないお料理だと思います。
ランチのセットメニューは5種類、(A)¥1,050、(B)¥1,600、(C)¥2,200、
(D)¥2,700、(E)¥1,600、と、少々迷ってしまいます。
(2009年5月の料金です。ご訪問の際はお店にご確認ください)

ラ・マンチャでは鯛の頭のスープで炊き上げる具がたっぷりな特製パエリア(パエジャ)が評判と聞いていたので、少し奮発してパエリアが含まれた(D)ランチセットをオーダーしました。

d0083265_1522399.jpg
13種類ほどの魚介類が入った前菜サラダ、オリーブオイルが効いた絶妙のお味です。

d0083265_15231184.jpg
鮮魚(真鯛)のソテー・オレンジソース。

d0083265_15233898.jpg
若鶏のソテー・マスタードソースは納得できる味付けで満足度十分。

d0083265_1524124.jpg
少し時間はかかりましたが、最後に出された魚介のパエリアは流石評判の味、魚介ソースの旨味が生かされ米粒も芯の残るアルデンテ仕上げ、大変美味しくいただけました。

d0083265_15283737.jpg
デザートのカスタードプリンの上には自家製カラメルアイスクリーム。

希少なスペイン料理店の中でも、味よし、CPよし、雰囲気よし、の三拍子揃ったお店です。
ご訪店をおススメします。



店名           ラ・マンチャ
ジャンル         スペイン料理
TEL           06-6428-5591
住所           兵庫県尼崎市塚口町1-13-4 ハッピーコートビル 2F
交通手段        塚口駅(阪急)から182m
営業時間        11:30~2:00(ランチ) 5:00~10:30(ディナー)
定休日          月曜日
駐車場         無し(近所にコインパーキング有り)



by mahalotakashi | 2010-11-09 21:21 | mahalo@食卓