麺類哀歌     会社ごはん

たまにはハズレもあり

たまには戸惑いもあり


このブログではランチガイドとして訪問したお店やお料理を紹介しています。
大多数のお店はサービスも良く、お味も美味しいのですが、毎回訪れる全てのお店が合格ラインかと申しますと、そうとも限りません。

これはイボイノシシの個人的味覚による判断や体調不良の場合もありますから、自分が不味いと思ったお店のレポートはほとんどの場合「没」にしています。
一方的な発信元であるブロガーが個人的な思考で批判的な記事を掲載するのは不適切な行為だと、普段から注意しているからです。

ネタの少ない時期は没にするのが忍びないのですが、訪問者の皆様を不愉快にさせたり、お店の名誉を傷つける(営業妨害等)ことは厳に慎みたいと考えています。


ところが・・・・
d0083265_20185041.jpg
とても微妙なお味やサービスのお店に遭遇することがあり、大いに悩むことがあります。
今回訪れた会社の近くの某ショッピングセンター内に併設された麺類のお店がそれです。


批判記事ではなく、イボイノシシの愚痴ブログとしてお付き合いください。
d0083265_20191540.jpg
お店に迷惑が及ばないよう、場所と店名は内緒にしておきます。
偶然見つけたお店は、中華そばやうどん、おそばやドンブリを揃えた、麺好きのイボイノシシにはたまらないタイプの大衆食堂。

d0083265_20193451.jpg
ショッピングセンターのレジの横にかなり広いスペースで構えています。
ショーケースを見ると麺類と丼ぶりやおにぎりなどを組み合わせたセットメニューが食欲をそそります。
お店はセルフ形式で厨房の前でオーダーして料金を支払い、呼び出しベルを受け取って席で待ちます。
厨房の中は、店長らしき男性とパートタイマーだと思われる女性3名が働いていますが、なんとなく疲れた表情が気になります。
お昼真っ盛りにも関わらずお客さんは半分くらいの入りでした。

d0083265_20195679.jpg
中華そばと天むすのセット(¥600)をお願いしました。
天むすは単品だと¥190で、中華そば単品¥450となら¥640ですから、¥40お得です。

d0083265_20201973.jpg
中華そばはアッサリ系の醤油ラーメンで、叉焼とメンマと昆布がトッピングされた昔ながらのタイプです。

メン軟らかけれど、メンマ硬し!
d0083265_20203592.jpg
スープは少し薄味ですがまずまず、ところが麺を一口いただくと正直言って驚きました。
中細のストレート麺ですが、全くコシの無い軟らかさはまるで離乳食のような感じです。
パートの女性の湯がき時間が長過ぎたのでしょうか・・・
それに比べて大量に入れられたメンマの異常な硬さ。(これ以上は書きません!)

d0083265_20211443.jpg
セットの天むすは作り置きで冷たく、小海老の天ぷらも少し歯ごたえありでした。


これで止めたらお店に失礼!再度チャレンジしてみました!

d0083265_2095890.jpg
ラーメン一杯と天むす食べて、軟らかいとか硬いとか論評するのは真面目に営業されているお店に対して失礼で無礼な行為と思い、翌日のお昼休み再び某お店を訪れました。

やはりお客さんはまばら・・・

d0083265_20104549.jpg
気を取り直して、美味しそうなサンプルの中から、きつねうどん(¥480)を選びました。
うどんなら町内会の運動会でも出されるくらいだから問題ないだろうと思ったからです。
サイドメニューの天むすは止めて鮭のおにぎり(¥130)にしました。

d0083265_2015154.jpg
見た目はとても美味しそうでしょう!^^
ただ個人的意見として、ラーメンにもきつねうどんにも同じように昆布を使うのは止めてほしいと思いました。
お出汁は少しショッパかったのですが、うどんは!

d0083265_20172255.jpg
やっぱり軟らかいコシ無しうどん、表面も湯掻き過ぎで ぬるり~ としています。

こちらのお店のコンセプトは軟らかさの追求!身体に良くて消化が早い麺類の提供がメインでありましょうか!
戸惑いながらも、このお店でのラストランチになるであろうきつねうどんとおにぎりをいただいたイボイノシシでありました。



訪問者の皆様、長々とランチ二日分もお付き合い下さって感謝いたします。
ありがとうございました。
ファーストインスピレーションを大切にいたしましょう!が教訓でした。

by mahalotakashi | 2010-10-15 21:21 | mahalo@食卓