trattoria kappa (トラットリアカッパ) イタリアン 垂水区平磯

国道2号線沿いの小さなトラットリアは、自家製手打ちパスタが美味しいお店。

d0083265_14525289.jpg
久しぶりに本格雨の日曜日、今年のいとこ会の幹事をすることになったイボイノシシですが、そろそろ日程と場所を決めねばと、候補の一つであるシーサイドホテル舞子ビラ神戸まで視察と打合せに出かけました。

d0083265_14571380.jpg
帰り道チェック済の今年4月にオープンしたイタリアンのお店に立寄ることにしました。
昔ほどでは無いものの垂水駅付近(商大筋)は交通量の多い国道2号線のネック、その国道沿いにオープンしたプチトラットリアは海神社の直ぐ近く、ポジションとしてはハンデがあると思います。
騒音、排気ガス、それに専用駐車場の無いのも条件としては厳しいでしょう。

d0083265_14575478.jpg
ところが結構流行っているのは、狭いながらもゆとりを持たせたテーブル配置とオーナーシェフと女性スタッフのお人柄でしょうか。
お客様それぞれをお出迎えとお見送りでもてなされていました。

それも重要なポイントですが、このお店のグレードを上げているのは自家製手打ちパスタとシェフの創作イタリアンへのこだわりが、お客様のハートをガッチリ掴んでいるからだろうと思います。

d0083265_1511093.jpg
ランチは1種類のみで、ズッパ、パン、パスタで¥1,000は微妙なCPですが、2種類のパスタが秀逸な出来栄えで納得はできます。
ドルチェとカフェは夫々+¥300、これも多少微妙。

d0083265_1514643.jpg
d0083265_1521190.jpg
最初に出された「秋野菜のミネストラ」は薩摩芋などを使ったズッパですが、本来はマッケローニやパスタを入れて煮込むものですが、パスタが入っていなかったのは少し残念。でもお味は良かったですよ。

d0083265_1533676.jpg
「ミンチ肉、あさり、小柱、野菜の白ワインとアンチョビの香り」はイタリアンではマリナータに近いお味ですが、手打ちパスタが生かされた好い味を出していました。
d0083265_1565465.jpg
本日の自家製手打ちパスタは、タリアテッレともピッツォッケリとも思える平麺でした。

d0083265_1541648.jpg
そのお店の料理のレベルが分かるポモドーロ(トマトソース)のパスタは、「秋刀魚と茄子のトマトソース、オレガノの香り」
これはシェフがかなり気合を入れた一品でしょうが、オレガノの扱いが超微妙で初体験の人には多少の抵抗感があるかも知れません。
d0083265_1545780.jpg
これは秋刀魚と言う独特の素材を使ったためで、お味の構成は間違っていないと思います。
ともかく、イタリアン好きのイボイノシシを引き込むディッシュは、シェフの実力の表れだと納得しながら楽しめました。

d0083265_15125086.jpg
ドルチェはパンナコッタとアーモンド入りのジェラートとフルーツ、淡いパステルカラー調でホッとする感じの一皿でした。

d0083265_15145242.jpg
国道沿いの小さなお店ですが、手打ちパスタにこめる若きシェフの大いなる情熱はしっかり受け止められました。

真面目なトラットリア!オススメできるお店です。



店名           trattoria kappa (トラットリアカッパ)
ジャンル         イタリアン
TEL           078-707-3828
住所           兵庫県神戸市垂水区平磯4-2-10 松栄ビル1F
交通手段        JR垂水駅 東口から徒歩3分
営業時間        11:30~14:00 18:00~21:00(L.O)
              ランチ営業
定休日          水曜
席数           10席 (カウンター6席・テーブル4席)
駐車場          無(近隣にコインパーキング 2カ所あり)
禁煙・喫煙        完全禁煙
サービス         お祝い・サプライズ可、子供可
オープン日       2010年4月28日



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2010-10-04 21:21 | mahalo@食卓