成鰻(せいまん) うなぎ   西宮市学文殿町

成鰻のうなぎ(蒲焼)で猛暑を乗り越えましょう!

d0083265_1610011.jpg
阪神鳴尾駅からJR甲子園口を結ぶ小曽根線の鳴尾よりにあるうなぎ料理専門店です。
7月26日は夏の土用丑の日、その前々日の土曜日に訪店しました。

d0083265_16124251.jpg
成鰻と書いて「せいまん」と読む屋号、いかにも老舗の鰻料理処らしい店構えは入店前から期待を抱かせてくれます。
純然たるうなぎ料理の専門店ですが、お持ち帰りのうなぎ弁当や通販など取り扱っているそれなりに営業努力をされているお店のようです。

d0083265_1620370.jpg
入口の右手でお店の大将が串刺しのうなぎを焼いています。
炭火ではなく上部から焼くガス火を使用しているのは大量の注文を捌くためでしょうか。

d0083265_16214836.jpg
店内は座敷とテーブル合わせて22席、入口から厨房が奥に向って続きその奥が座敷席になっています。奥行きのある店内はまさに鰻の寝床のようです。

d0083265_16232745.jpg
年配のご夫婦(どちらもシャキッ!とされてます)と息子さん、それに見習い修行中だという若者が夫々分業制で繁忙期のお店を切り盛りされています。

d0083265_16365635.jpg
それぞれの鰻料理のお値段の目安は、うなぎの切り身の枚数によって異なる仕組みですがお味そのものは変わりません。

d0083265_16384822.jpg
今回は、蒲焼2枚入り(肝吸い付き)の、うなぎ丼(1,200円)と、
d0083265_16394866.jpg
蒲焼を4枚使ったうな重(松)(肝吸い付き)(2,350円)を注文しました。

d0083265_16422624.jpg
うな重はご飯の上に2枚、ご飯の間に2枚のボリューム感溢れるものでした。

d0083265_16453486.jpg
静岡産の鰻はふっくらと焼き上げられ、秘伝のタレともよくマッチした優れ味でした。

d0083265_16484059.jpg
土用の丑の日に鰻を頂くと言う古来からの風習は満更捨てたものではないですね。
なんだか体力がアップしてきたように感じられるのは流石です。ご馳走様でした!




店名           成鰻
ジャンル         うなぎ、割烹・小料理、弁当
TEL           0798-48-5345
住所           兵庫県西宮市学文殿町1-2-11
交通手段        鳴尾駅から717m
席数           22席
駐車場          有(2台)
禁煙・喫煙        全面喫煙可


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2010-07-25 21:21 | mahalo@食卓