店名 ポポロ  イタリアン、パスタ、ピザ  尼崎市

ユニークな外観の一軒家レストラン、店内とメニューは昭和レトロなイタリアン。

d0083265_2344976.jpg
通勤の電車(阪急)の中から眺めては気になっていたスペイン風の建物、ネットで調べてみるとイタリア料理店でした。

d0083265_5593353.jpg
早速訪店!南欧風と言うかユニークな外観の一軒家レストランです。お店の裏に6台停められる専用駐車場があります。

d0083265_2362844.jpg
店内はかなりオールドスタイルで昭和ノスタルジーがプンプン匂います。
オーナーシェフはかなりご年配ですが、調理が終わるとカウンター内で休憩したり新聞を読んだりと、かなりマイペース。それを取り繕うような女性スタッフが1名、のんびりしたと言うか、し過ぎているほどゆっくりペースで時間が流れる3丁目の夕陽的レストランです。

d0083265_6152779.jpg
3,000円と4,000円のフルコースメニューがありますが、それ以外は全てアラカルトメニューで、パスタとピザ、それにマカロニグラタン、ドリアなどカジュアルなイタリアンがメインですが種類はかなりあります。

単品のスパゲッティが800~1,200円、ピザが900~1,500円、それらにスープとサラダ、ソフトドリンクのセット(800円)を付ければ結構なお値段にはなります。
昭和の高度経済成長時代とバブル景気が平成の現在に生き残っている感じがしました。

アラカルトからボンゴレ・ロッソ(1,200円)と、ピザ・マルゲリータ(1,200円)それに、1人分のセット(800円)を注文してみました。

d0083265_6155549.jpg
セットのスープはイタリアンではあまり馴染みのないポタージュスープ。

d0083265_6162321.jpg
サラダには超薄切りのプロシュートが乗っています。

d0083265_6165263.jpg
ボンゴレ・ロッソは思ったよりも良いお味でした。
d0083265_6173149.jpg
アサリは大ぶりで新鮮、スパゲッティもアルデンテで、サルサ・ディ・ポモドーロ(Salsa di Pomodoro)(トマトソース)もほど良い粘りと酸味が効いていました。

d0083265_61812100.jpg
ピザ・マルゲリータが出された時は少し驚きましたが、食べてみると独特のお味で、日本に帰化したナポリピッツァと言う趣でそれなりの味わいを楽しみました。
d0083265_6185371.jpg
アーリオ・オーリオが基本の現在のイタリアンを無視するかのような、日本でイタリアンがぼちぼち受け入れだされた時代の懐かしいお味、当時なら「ナウい!」「イカしてる!」と絶賛される洋食系イタリアンを懐かしい気持ちでいただきました。

d0083265_619247.jpg
昭和ノスタルジーを懐かしむ年配の方や、昭和レトロを体験したい若い方にはオススメのお店です。




店名           ポポロ
ジャンル         イタリアン、パスタ、ピザ
TEL           06-6423-4166
住所           兵庫県尼崎市富松町1-41-1
交通手段        阪急塚口駅・武庫之荘駅から徒歩15分
営業時間        [平日] 12:00~15:00 17:00~19:30
              [土・日・祝] 12:00~21:30
              ランチ営業、日曜営業
定休日          毎週水曜・第3木曜
予約            予約可
席数            26席
貸切            可 (20人以下可)
駐車場          有 (お店裏に専用駐車場(6台))
禁煙・喫煙        全面喫煙可


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2010-05-30 21:21 | mahalo@食卓