ボッチ デ ビッラ (Bocci de Birra) イタリアン  江坂

     オオサカとイタリアのノリが合体!毎日でも通いたくなるイタリアン。
d0083265_21405534.jpg
とにかく雰囲気が良いお店、打てば響く応対と明るい笑顔のスタッフが迎えてくれます。
カウンター席とテーブル席が半々くらいの、イタリアのタヴェルナかターヴォラ・カルダと言う日本で言うなら庶民的な定食屋か、居酒屋食堂の雰囲気です。
もちろん日本のそれとは違い、垢抜けたインテリアや雰囲気は明るくて、いかにもイタリアンを楽しむに相応しい好いお店です。
それにバールよりは規模や調理器具が充実しています。

d0083265_21493437.jpg
フレンドリーにお客様を気遣うオーナーと、スーシェフと呼べば良いのでしょうか若い女性スタッフ2名がカウンター内でパスタなどカジュアルイタリアンを調理しています。
ホールスタッフの女性も明るい女性、皆さん美人ぞろいです、イタリアンには珍しく男性客の多さがそれを証明しています。

d0083265_21531243.jpg
ランチでもディナーでも、カウンターに座るのが好いでしょうね、会話が楽しめて彼女達の意外に高度な調理パフォーマンスも観賞できます。

d0083265_2156482.jpg
本日は既に売り切れたランチセットに思いを残しながらパスタランチをオーダー。

d0083265_21573564.jpg
パスタランチはサラダとお替り自由のパン付きで、850円。

d0083265_21591092.jpg
オイルパスタとトマトソースパスタそれにクリームパスタからチョイスできます。
オイルパスタから、ツナと春キャベツのスパゲッティ。

d0083265_21594967.jpg
トマトソースから、ひき肉と茄子のボロゼーネ風にしました。
カジュアルなパスタ料理、ある種の予感を感じながら頂くと、これが思いがけず完成されたお味で驚きました(スーシェフ達にお詫びしなければなりません)

d0083265_2202426.jpg
出来上がったパスタにイタリアチーズの王様とも呼ばれる、パルミジャーノ・レッジャーノを惜しげもなくすりおろしてくれます。
カメラを向けると「ハンドデビューですね!」と、カラカラ笑ってくれました。

d0083265_223160.jpg
ドルチェは+250円、定番のティラミスをチョイス、七面鳥夫人の別腹に収まります。

d0083265_2242855.jpg
セットに+150円でいただけるエスプレッソも堪能しました。

店名の、ボッチ デ ビッラの意味をスーシェフに訊ねると、「オーナーが大のビール好きで、大阪弁のぼちぼち行こか!とイタリア語のビール=ビッラを重ねた造語です」と、またカラカラと笑います。 

屈託のない明るい接客は、まさに大阪とイタリアのノリが合体した素晴らしいお店です。
カジュアルながらイタリアンをしっかり意識させられるお味に、オーナーの真摯な姿勢が垣間見えます。

お1人でもグループでも、ぜひ一度訪店をオススメしたいお店です。




店名           ボッチ デ ビッラ (Bocci de Birra)
ジャンル         イタリアン
TEL           06-6821-0735
住所           大阪府吹田市豊津町12-26 サクセス江坂 1F
営業時間        11:30~15:00   17:30~23:00
              ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日          火曜日
予約           予約可
駐車場          無

ホームページ
     http://www.bocci-de-birra.com/


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2010-03-28 21:21 | mahalo@食卓