赤石鹿ノ瀬寿司 芦屋店

             らっしゃい!
d0083265_2214744.jpg

最近の回転すし店は高級なネタも増えてきて、美味しいお店が目白押しですが、お寿し、特に握り鮨は目の前で握ってもらう江戸前握りがやはり捨てがたいですね。

d0083265_2216682.jpg
赤石鹿ノ瀬寿司・芦屋店へ行ってみました。現役漁師が営む寿司店の姉妹店、赤石鹿ノ瀬寿司芦屋店。

d0083265_22201266.jpg
こじんまりした店内、打ち水がされて、とても清潔でしかも粋な感じを漂わせています。
d0083265_22232664.jpg
ほんなら、にぎり、いきましょか・・・たのんます!
「ヘイッ!お待ち!」
d0083265_22252926.jpg
最初に備前焼の皿に出されたのは、イカ、続いて鯛、中トロと並びます。
d0083265_2228458.jpg
それにしても見事な手さばきです!まったく無駄な動きがありません。
商売といえばそれまで・・・流れるような仕事振りはまさに職人芸ですねえ~・・
これこそが回転すし店には無い雰囲気なんですよね!

d0083265_2230769.jpg
イカを食べ終わると同時に、スイッと出されたのがこの店の名物焼霜。
少し手を休めた板長さんが解説してくれます。
「当店自慢の焼霜です。生のアナゴをハモと同じ要領で骨切りして炙りをしてます
むらさき(醤油)は使わずに、ゆず味噌で味わってください」
焼きや蒸しアナゴはよく食べるけど、生のアナゴは始めてです。
恐る恐る口に入れたら、いやあ~!なんと繊細な味なんでしょう♪たまりません!
ゆず味噌がアナゴの臭みを消して口中に爽やかさが広がります、アナゴもムチッとして
弾力満点、これは「目からうろこ」の味でした(^^)

d0083265_22324486.jpg
後半のトップは、濃厚なタレがかけられた伝助穴子。「生アナゴとは又違う味わいです、タレと蒸穴子の絡みが当店の自慢です」板長の小鼻がピクッと動く、相当の自信です、伝助穴子は濃厚なタレからはチョット想像できない味でした。
甘すぎず辛すぎず、程よいタレが蒸し穴子を引き立てて極上のお味でした。

d0083265_22361431.jpg
「お客さん、この車海老もジックリ味わってみてください、冷凍ではなく活海老を使ってます」
形の良い車海老が「さあ!どうぞ!」と目の前に飛び込んできました、ほほお~♪
車海老はもう・・・さすがに板長のほうから説明があるだけあって、最高の味で「海老のにぎり」の概念を根底から覆してしまいます。

d0083265_2238956.jpg
穴子と車海老を食べ終わると同時に、明石蛸。 最後に白昆布の乗ったこはだ。
お客さんの動きをさりげなく観察しながら、絶妙の「ま」で出されるにぎり。
これもまた、味を引き立てる重要な技だと、感心しました。
ぷりぷり明石蛸は厚めに切られて食べ応え十分、瀬戸内の旨味が詰まっていました。
こはだは、伝統の江戸前にぎりの下拵えがキッチリなされていて感動ものです。

d0083265_22394459.jpg
最後の〆は、牛乳を吉野葛で固めた口当たりの良い甘味、これにて打ち止め!!
特製の赤出汁が付いて、2,500円~ですから、リーズナブルな鮨ランチ。

良心的でお味も抜群の素晴らしいお寿司屋さんです。関西在住の方にぜひお薦めします。
                                       (過去ログ再編集です)


店名           赤石鹿ノ瀬寿司 芦屋店
ジャンル         寿司
TEL           0797-23-0870
住所           兵庫県芦屋市楠町6-9 102
営業時間        [月・水・木・金・土・日]
             11:30~14:00
             17:00~22:00
定休日         火曜日


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします!

by mahalotakashi | 2009-10-10 21:37 | mahalo@食卓