pasepase (パセパセ) スペイン料理

  パエジャ・Paellaとは、スペイン・バレンシア地方発祥の有名な米料理。

日本では「パエリア」「パエーリヤ」が一般的ですが、ご当地スペインでは「パエジャ」と発音するのが正式とのことだそうです。
d0083265_17382193.jpg
南欧家庭スペイン料理 PasePase・パセパセ。イタリアンの激戦地、阪急武庫之荘駅周辺を探訪中に最も気になっていたお店がこの「パセパセ」 お店の前を通るたびに匂ってくる、オリーブとニンニクのこげる香ばしい香り。
本日はパエジャ・ランチをいただきます。
d0083265_17405042.jpg
店内は思いのほか奥行きの深く、素朴で落ち着いたスペイン風のインテリアが心を和ませてくれます。

パセパセのパエジャ・ランチ
まずパエジャから、パエジャについての詳しい解説はランチョンマットで分かりますよ。
料理が来るまでの間にシッカリ勉強できます(^^;)
d0083265_174036.jpg
パエジャ・ランチ(一人前)は、タパス・スープ・サラダ・コーヒーがついて、¥1,600
リーズナブルなお値段です。タパスは3種盛りで蛸とキッシュと野菜の煮物でした。

d0083265_17402872.jpg
本日のパエジャは、海の幸・トリと野菜・イカスミ・カキ(おすすめ)の4種類から・・
迷わず、牡蠣(カキ)を選びました。牡蠣(カキ)のパエジャ、ブロッコリー&オリーブサフランで黄色く輝くようなお米はバッチリ!アルデンテ。
d0083265_17411237.jpg
そして牡蠣の大ぶりなこと・・嬉しくなってしまいます。
d0083265_2032153.jpg
シンプルだけど奥行きの深い味、これがプロの味付けなんでしょうね・・・

d0083265_17413375.jpg
ランチョンマットに書かれた説明を読むと、「パエジャ」の最大の魅力は、なべ底のコゲツキを味わうこと、と書いてあります。
Socavrat・ソカレッツといって、スペインではわざわざソカレッツ充分のパエジャを注文するとか・・
一口食べてみると、素晴らしい味わい!エキスと旨味が凝縮されています。
美味しい「おこげ」ソカレッツを好むスペイン人の気持ちが大いに理解できました。

d0083265_17422257.jpg
バランスの取れた素敵なお味のパエジャが楽しめました。
食後のコーヒーが事の他美味しいスパニッシュ・ランチでした。
                                       (過去ログ再編集です)



店名           PasePase 武庫之荘店 (パセパセ)
ジャンル         スペイン料理
TEL           06-6431-1166
住所           兵庫県尼崎市南武庫之荘1-20-5
営業時間        11:30~15:00(L.O.14:15)
             18:00~22:30(L.O.21:30)
             ランチ営業、日曜営業
定休日         木曜日

ホームページ      http://www.pasepase.com/


食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくお願いします!

by mahalotakashi | 2009-10-08 21:21 | mahalo@食卓